ULハイカーへの道(3)ダイトレトレ! - ももんが山岳会
FC2ブログ

ULハイカーへの道(3)ダイトレトレ!

こんにちは。ゐさをです。
7月13日、ダイトレでトレーニング、略してダイトレトレに行ってきました。

山に行ける時間が限られる中、どうすれば充実した山登りができるのか。
考えた末に行きついた答えが「スピードハイク」。
スピードを上げれば移動距離が伸び、その分、行ける山の範囲も広がって山行が充実するわけです。
スピードを上げるためには装備のウルトラライト(UL)化が大事なわけですが、
やはり長い距離を歩くトレーニングに勝るものはないですよね。
ということで、ダイトレ縦走大会のコース(二上山~大和葛城山~金剛山~紀見峠)を
一人でできるだけスピードアップして歩くトレーニングをしてみました。



8:00、近鉄当麻寺駅をスタート。
予報では15時ごろから雨とのこと。
スタートがどうしてもこの時間になってしまうので、15時だとちはや園地で時間切れになりそうな感じです。

01IMG_5825.jpg
(當麻寺)

02IMG_5832.jpg
(馬ノ背からの眺め)

二上山を過ぎるとアップダウンの連続です。
それでも、平坦な道ではなるべく走るようにして時間短縮に努めます。
しかし、下りが続いたせいか、両膝と左のかかとに痛みが出てきました。
心肺的には苦しくはないのですが、痛さのせいでスピードが出ません。

03IMG_5833.jpg
キタコレ!

04IMG_5834.jpg

05IMG_5835.jpg
(岩橋山山頂)

06IMG_5837.jpg

もう一丁!
07IMG_5839.jpg

13:06、大和葛城山に到着。
このままだと、ちはや園地到着は15:00を越えるのは必至。
ここで降りようかとも考えましたが、もうちょっとがんばることにしました。

08IMG_5843.jpg
(大和葛城山、山頂の道の紫陽花)

09IMG_5845.jpg
(大和葛城山から見る金剛山)

水越峠の手前、岩がゴロゴロした急坂の下りで雨が降り出しました。
レインウェアの上だけ着て進みます。
水越峠を過ぎると、金剛山方面から降りてきた人とたくさんすれ違いました。

カヤンボの東屋で休憩。
「さっきの人たちはみんな水越峠からバスで降りるんだろうなあ」
と思ったものの、今から引き返すのはさすがに厳しい。
覚悟を決めてまた急登を登り始めました。

でも、カヤンボからしばらく登って林道と交差するところの林は、幻想的な風景を醸し出していました。
雨の日じゃないと、この美しさを感じることはできません。

10IMG_5848.jpg
(こんな感じ)

16:31、ちはや園地に到着。ここでこれ以上進むのは断念し下山することに。
17:07、千早ロープウエイ前に下山しました。
カヤンボから先は誰とも会いませんでした。
金剛山ロープウエイが運休中ということもあり、帰りのバスも私一人でした。

それにしても、昨年のダイトレ縦走大会の時よりも遅いタイムになってしまったのは納得がいきません。
足の痛みのせいとはいえ、1年近くランニングを続けてきたのに、この結果にはがっかりです。

まだまだ鍛錬が足りないのかなあ。
でも、苦しみの先にはきっといいことがあるよね?(ないか…)

(文と写真・ゐさを)

【山行データ】
移動距離:23.5km
行動時間:9時間4分
最高高度:1,060m
累計高度:(+)2,039m (-)1,467m

【危険箇所】
特になし。
金剛山ロープウエイは運休中。
関連記事

コメント

非公開コメント