1/11 京都一周トレイルランニング - ももんが山岳会
FC2ブログ

1/11 京都一周トレイルランニング

こんにちは。ゐさをです。
京都一周トレイル北山西部コースを走ってきました。

トレランをする人を見て「山で走って何が楽しいのかな」と思っていた私。
ランニングを始めるようになってからも、山では走る気はありませんでした。
それが、たまたま書店で「関西トレイルランニングコースガイド」という本を手にしたのが去年の12月。
京都一周トレイルがコースとして紹介されていました。
伏見稲荷から大原までの東山コースは歩いたことがありますが、その先はまだ未踏です。
京都一周トレイルなら、コース上の標識もバッチリなので迷わないし、しんどくなったらすぐに離脱できます。
装備も、日ごろのハイキングの装備にランニングのものを組み合わせれば、新たにそろえる必要もない。
なんか自分でも走れそうな気がしてきたわけです。

京都一周トレイル01IMG_6427

9:20、叡山電車の二ノ瀬駅を出発。

京都一周トレイル02IMG_6428
(46番からスタート)

最初はつづら折りの急坂を登ります。
これが結構きつくて、全然スピードが出ません。

京都一周トレイル03IMG_6434
(夜泣峠)

いきなり最初から走ろうとしてもしんどいだけですね。登りは無理をせずペースを落としました。

京都一周トレイル04IMG_6442

向山を過ぎたあたりから、緩やかな稜線になります。
ここからスピードアップ。林の中をかけていくのは思った以上に気分がいいです。

洛北発電所の前を通って、いったん車道へ。

京都一周トレイル05IMG_6455

ここから再び山道に入るところを見落とし、コースミスをしてしましました。約20分のロス。
再びトレイルを行きます。

京都一周トレイル06IMG_6458
(ここも少し分かりにくい。手書きで修正してあるルートを行くのが正解)

京都一周トレイル07IMG_6463

登り坂はありますが、適度な長さなのでそれほど苦しくはありません。

京都一周トレイル08IMG_6469
(氷室神社)

氷室から、しばらく車道を走ると、

京都一周トレイル09IMG_6481

山の中に、レストランが!

京都一周トレイル10IMG_6480

ここがハイカーやトレイルランナーに人気の店「山の家はせがわ」です。
ログハウス風の明るいレストラン。
お腹も空いてきたのでちょっと寄り道。

京都一周トレイル11IMG_6476
(チーズハンバーグセットを頼みました。うまうま)

京都一周トレイル12IMG_6478
(薪ストーブで焼いた焼き芋もいただきました。うまうま)

京都一周トレイル13IMG_6475
(店内には猫がいっぱい)

腹も満たされ、暖かい店内で寝てしまいそうになりましたが、再びトレイルへ。

ところが、ここで道を完全に間違えてしまいました。今日2回目のコースミス。

京都一周トレイル14IMG_6483
(間違えて来ちゃった道風神社)

しかも下り坂を快調に走ってしまい、引き返した距離も含めて約5km、30分もロスをしてしまいました。
これで大分テンションが下がり、足も痛くなってきてダラダラの走りに。

京都一周トレイル15IMG_6486

でも、こういうところを走っているとやっぱり気分がいいですよ。

京都一周トレイル16IMG_6490
(京見峠の手前からの眺め)

京都一周トレイル17IMG_6494

京都一周トレイル18IMG_6496

京都一周トレイル19IMG_6509

ときおり、こういうのを見つけて足が止まってしまったり。でもまあ、それも楽しい。

京都一周トレイル20IMG_6510

上ノ水峠を経て、沢の池へ。
池のほとりではテントを張っている人が何人かいました。
京都一周トレイルをスルーハイクする場合、ここでテント泊をするのもありかなと。

京都一周トレイル21IMG_6513
(エメラルドグリーンですね)

京都一周トレイル22IMG_6526

京都一周トレイル23IMG_6529
(昼間の中の夜。杉林が作る不思議な風景)

15:00を過ぎました。
当初、8:00にスタートし、14:00に嵐山でゴールを目指していましたが、高雄で時間切れになりそうです。

京都一周トレイル24IMG_6536

京都一周トレイル25IMG_6541

15:30、高雄に到着。今日はここまでにしました。

途中2回もコースミスをし、合計1時間ほどロスしてしまいました。
定刻に出発し、道も間違えなければ嵐山まで行けたかもしれません。
いろいろ反省点が多いです。

急登は走りきることができず、後半は歩く距離も増えてしまいました。
しかし全行程をなにがなんでも走らなければならない、なんてことはありません。
上りがきつければ歩けばいいし、足が痛ければ止まってもいいわけです。
稜線では景色を見ながら走る余裕を感じることができたし、下りを駆け抜ける楽しさもありました。
トレランにはまる人の気持ちが何となく分かったような気がします。

さて、次は京都一周トレイルの未踏部分を走ってコンプリートを目指すか、あるいは別の山を走ろうか――。
山の楽しみ方がまた一つ増えました。

山行データ
【行動時間】5時間20分(全行程6時間11分)
【距離】20.3km
【最高高度】460m
【累計高度】(+)1,112m (-)1,146m
【危険箇所】とくにはない。上ノ水峠から先の76番~79番は崩落のため通行止め。トレイル番号の標識に迂回路の案内表示があるので、これに従って迂回すること。



おまけ
京都登山、下山後のお楽しみといえば六曜社のコーヒーとドーナツ。
京都一周トレイル26IMG_6542

(文・写真 ゐさを)
関連記事

コメント

非公開コメント